残波岬釣糸撤去へ参加

2012年6月14日 天気:曇り時々雨

今日の沖縄は、つかの間の青空が広がりましたが、午後からは雲が広がり、一時的な雨が降りました・・・

今日は、沖縄県ダイビング安全対策協議会主催と日本釣振興会沖縄支部の共催で、
残波岬の水中にある釣糸撤去と残波岬クリーンビーチへ参加してきました!

残波岬はダイビングはもちろん、釣り場の人気ポイント!
ただ、水中は釣糸の残骸が束になり、太いパイプ状に張り巡らされている状態なんです。
沖縄の綺麗な海を後世に残すためにも、
ダイバーにも釣り人にも、人気な残波岬を綺麗にしよう!と言う事で、一年に一度ですが、
ダイバーは水中を綺麗に、釣り人もビーチクリーンナップで残波岬を綺麗にしてきました。
turiito1
太いパイプ状の束になった釣糸をフロートに括り付けて、水中から引き揚げます。
水深が深いため、長時間の作業が出来ませんが、釣糸だけでなく、なぜこんなものが水中にあるの???というゴミまで、
引き上げると、すぐに船は釣糸やゴミでいっぱいになりました・・・
DSCF2234 DSCF2238
コンディションはあまりよくありませんでしたが、日本釣振興会のみなさんもダイバーのみなさんもお疲れ様でした!
「肝美ゅらさ、海美ゅらさ、ぬちの世までぃん」の気持ちでいきましょう!
turiito4



オニヒトデ退治へと

本日もこの綺麗なサンゴを守るため、オニヒトデ退治へと行って
きました。
DSCF2089
見て下さい。この色!写真では伝わりにくいかもしれませんが、
何ともいえない、綺麗な色をしております。
が、オニヒトデに食べられてしまうと、下の写真の様に真っ白に・・・
白色も綺麗なのですが、数日すると藻などが付き、なんとも言えない
汚い無様な姿に・・・
DSCF2084
サンゴを食べた張本人が下に隠れておりました。もちろん、隊員3号
飯塚氏が怒りの鉄拳を。
DSCF2088
本日は3号飯塚氏・・・・0匹
2号濱口・・・・・・25cm1匹
でした。食痕もあまり見当たらなかったのですが、油断大敵です。台風対策
でオニヒトデも沖合に逃げているのかな・・・



隊員3・4・5・6号誕生

「みずがま守り隊」になんと!新隊員が入りました!しかも、一気に4人!
早速ですが、新隊員のご紹介!
3号!
oni1_thumb
最近、あまりテレビで見なくなりましたが、「ごめんね・ごめんね~」に似ている
「なんくるダイバーズ沖縄」の中野辰也。3度目の筆記試験にようやく合格して
やっと隊員になれました。現メンバーではピカピカの新人!活躍を期待しております。

4号
ph01
4号はなんと!恩納村にて「SEPマリンクラブ」を主宰する宮崎宗さん!普段は
恩納村の海を思い、守っております。嘉手納エリアへの進出は「居酒屋」のみ。
海を守る思いは同じだ!と言う事で4号に。得意技は「のど輪からのワンツー」

5号

ph02
5号は「SEPマリンクラブ」さんの大黒柱、嶋祐介さん。宮崎さんの得意技を受けながらダウンを
した事がないという強者。普段は恩納村の「陸・海」問わず走り回っております。
好きな物は「チュッパ・チャップス」海外の免税店では必ず購入。

6号は

P8120185-1-300x231MG_96051-150x150

宜野湾市にて「ジョーフィッシュ沖縄」を主宰する、今西隆典さん。様々な
所に出没。「お笑い・芸能情報」にとても詳しい。質問がある方は24時間体制
で受け付けているらしいのでご相談を。夜中の3時位が一番電話に出やすい
らしいです。

と、一気に隊員が増えました!皆で「水釜の海」「沖縄の海」を楽しみながら
守って行きます。作戦会議もしっかり居酒屋で開催しなくては・・・




ページTOP