沖縄ローカルニュース 「くーす(古酒)、開封しました!」をUP

2013年5月8日(旧暦:3月29日)

実は私、くーす(古酒)を育てているんです!
これがそのくーす(古酒)!素焼きの5升甕で私の宝物なんですよ。
しかも、この甕、力強いシーサーで有名な宮城秀雄さんの作品で、もう11年が経ち、11年くーすになりました!
DSC_0038 DSC_0039
「酒飲みは、くーすは作れん。我慢できず飲んでしまうから・・・」と言われていたにも関わらず、
その通り!過去に一度だけ危機的状態に陥ってしまった私の大切なくーす。
それを、酒造所へ持っていき、なんとか直してもらったんです。
(もう少し飲んでたら、修正出来ないほどだったんですよ!)
なんとか直してもらった大切なくーす、今度こそ絶対、育ててみせる!と、
直してもらった酒造所の方に宣言し、継ぎ足し用の一升瓶2本を用意してもらいました。
甕は呼吸しており、いっぱい入れていた泡盛も減ってしまうので、継ぎ足しが必要なんです。
本当は、親甕以外に甕が2,3個あって、どんどん継ぎ足していけたら最高なんですが、そんな事は出来ないので、
取りあえず、瓶でも数年たつとくーすになるようなので、それを継ぎ足していきます。

その作業を、先日、行ったんですよ!約6年振りの開封です!
DSC_0041 DSC_0042
6年間、誘惑に負けず、よくここまで来れたなぁ?と、自分でもビックリ!
さっそく中を覗くと、やっぱり減っている・・・継ぎ足し用の泡盛を1本投入!でも、まだ足りない。。。
もう1本継ぎ足そう!と、継ぎ足し用の泡盛・・・と思った瞬間!
ある事が脳裏を横切りました・・・そうなんです!そういえば・・・飲んじゃってたんです!
その事をすっかり忘れていた私・・・あぁ?、今回は継ぎ足し用がなくなってたなんて・・・
あの時、1升瓶2本ではなく、3本にしとけばよかったぁ?って、違うか!笑
DSC_0046


ページTOP