2009年 カパライ・シパダンのツアー報告

Date: 2009年3月1日 天気:晴れ

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第7弾、続き!」をUPしました。是非ご覧下さい。

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 さぁ?て本日最後のボートダイビングの時間がやってきました。3本目は初日に潜ったポイントと同じ、カパライからボートで10分位。
 同じポイントでもルートを少し変えただけで、見る事のできる生物もガラッと変わりました。探せばまだまだいるんだろうな・・・一番、印象に残ったのは「ピンクスクワットロブスター!!」さぁ?写真を撮りまくるぞ!って気合をいれ!

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 というますか、水中でバッテリーがなくなってしまい・・・写真が・・・この後、サンセットダイビングもあるのに・・・残念。
 「なんと!セレブ発見!」お昼の休憩が終わり、次のダイビングの時間まで施設を散策しておりました。すると!海を眺め、優雅な時間を過ごしているセレブM.Sさんを発見したのでUP! 

沖縄 ダイビング gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年3月1日 天気:晴れ

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第7弾、今日はマブール!」をUPしました。是非ご覧下さい。
 皆さんとレストランで集合し、またまた、食事を頂き今日のダイビングの始まり・始まり?

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 本日は「マブール島」へボートで向かいダイビング予定。ダイビングショップにおむかうと、すでに、ボートには器材も積み込まれ、後はダイバーを待つばかり!早く準備しないと?置いて行かれる?!!
 ボートに乗船し、島が近づいてくると仲村が一言「マブール島って、栗がたくさんあるからこの名前なんだろうな!」ってぶつぶつと言っておりました・・・。
 それは「マロン」だろって思っていましたが、もちろん、無視・・・さぁ、潜りましょう!

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 ポイントに到着し早速、「バックロール」でエントリー。ん・ん・・・流れております。潜っていくとガレ場に上の写真のような生物・・・ひょっとしてハズレ・ポイント・・・?と思っていたら大間違い・・・ここで初めて見る生物と出会ったりとなかなか面白いマクロ天国でした。

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 ここで、なんと!「ハナヒゲウツボ」のお年寄り(黄)にお会いする事ができ大興奮!

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 その後、ピグミーなどを紹介してもらい・・・

沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg

 またまた、巨大カメと出会い、泳いでくる魚達を眺めていると1本目は終了・・・黄色のハナヒゲのインパクトが強すぎて、あまり他の事は頭に残りませんでした・・・船に上がり、コテージへ戻り、またまた、ブロイラー計画のラインに乗せられ、おやつを与えられ、またまた、ダイビング。
 そう!ここは「潜って・食べて・潜って・食べる・・・まさに!ダイバー天国!なのです」
 2ダイビング目のポイントは「マブール島」のハウスリーフ。ここは、マブール島にある水上コテージに広がるリーフ。水中世界は個人的に、「カパライ」のインリーフの方が面白いかなと・・・ここで見ることの出来た生物の写真を少しご紹介させて頂きますね。

沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg

 ボートからエントリーするとすぐに「ギンガメアジ」の群れがお出迎えしてくれました。その後、ガイドさんが鈴を鳴らすので行ってみると・・・

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 数色の「カエルアンコウ」がそこらじゅうにへばりついておりました。8個体位はいたかなと・・・

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 他にも色々、見せて頂きましたが、贅沢病に取りつかれ始めた私達のテンションをもっとUPさせてくれる生物にはお会いできず、ボートへと。またまた、コテージへ戻り、今度は昼食?また、食べるの?って感じですが、しっかりと食べてしまいました・・・続く・・・

ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年3月1日 天気:晴れ

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第6弾、早朝ダイビングだ!?」をUPしました。是非ご覧下さい。
 早朝ダイビングする人は朝、「5:45集合ね!」と言って皆さんとお別れした昨夜。集合場所にいると・・・・

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「早朝ダイビングは自由参加!潜りたい人は来てね!」とお伝えしていましたが、連日、朝も早かったしどうかな・・・?と。そして、致命的な事がなんと誰一人「目覚まし時計」を持っていない事。貴重品に携帯電話も預けてしまうというミスも犯してしまい、頼りは「野生の感」しかありません。
 そして、集合場所には誰も現れず・・・が、潜ってきてしまいました!それが、早朝ダイビングもまたまた、最高!(後で、私と同じ野生的なN.Sさんに「早朝も良かったよ!」とお話しすると、朝、一度、目覚め窓の外を見ると暗いのでもう一度寝てしまったとの事・・・それでは「宝くじ」は当たりませんよ?って「違うか?」)
 エントリー場所にはこやつらが陣取っていました。

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg

 水深を落とし、15M付近ではこいつも朝の挨拶の為、待機していてくれました。まだ、眠いのかな・・・じっと動きませんでした。

gin.jpg gin2.jpg

 が、まわりでは、小魚達やカスミアジが泳ぎ狂っておりました・・・

gin.jpg gin2.jpg

 「ジョーフィッシュ」も体をニョキニョキ?と伸ばし「おはよう!」っと。上を見上げると主も目を覚まし行動開始を始めました。

gin.jpg gin2.jpg

 EN/EX口で何か、視線を感じるなぁ?と思っていると、私の大好きな「エンマゴチ」が愛らしい、不細工な顔で朝挨拶をしてくれました。
 さぁ?上がって、皆さんと合流して朝ごはん食べようっと!「明日も早朝、潜りたいなと思いつつ・・・」

ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年2月28日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第5弾、ボートダイビングだ!」をUPしました。是非ご覧下さい。
 チェックダイビングが終わり、ボートダイビングへと。どんな、ポイントなんだろう!?

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 チェックダイビングを終了し、「つ?ぎ・つ?ぎ!」と早く潜りたい気持ちでいっぱいだったのに、なんと、STAFFの口から「お昼ご飯食べて下さい。」との事・・・おかしい・・・このペース。どう考えても起きてから何度、食事を摂っているのか・・・ひょっとして、人間と思われていないのではないか?と不安になりながら、レストランへ行くとまたまた、素晴らしい食事がズラリと。お腹も空いていないのに食べてしまう。まんまと、「ブロイラー大作戦」にひっかかってしまいました・・・
 食事後、海を眺めながらコーヒーを頂いているとボートダイビングの時間。チェックダイビングでの興奮がまだ冷めていなかったので「やっとだ?」って感じでした。

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg

 ボートに乗り、15分位でポイントに到着。ドリフトダイビングで行ってみたいと思います。まぁ、ドリフトといっても流れてませんが・・・
 このポイントは、写真を見て頂いた通り、カメ・マクロな生物のオンパレードポイントでした。「カニハゼ」「ハナヒゲウツボ」「ニシキフウライウオ」などはごろごろいるし、左横を見ればカメ・右横を見ればヤッコエイ・振り向けばカメというようなところで、デジカメのメモリーが無くなってしまうのではないかと思う位、「ペー・パー」になってしまいました。が、撮ったものを見てみると、やはり、興味がある生物のオンパレード・・・楽しくて、ツアー日記の写真の事をすっかり忘れておりました・・・すみません・・・
 楽しい時間はあっと言う間。潜ってからまだ時間が経っていないような感じですが、ガイドさんから浮上の合図。無視して言い訳がないので、大人しく指示通り、浮上・・・ダイブコンピューターは46分を指しておりました。そんなに潜ったっけ・・・確かに、「ドラエモン」を見ていても、30分はあっと言う間だもんなぁ?とわけのわからない事を考えながらボート上へ。
 その後、コテージに戻り、今度はおやつの時間・・・サンドウィッチやケーキ類などが・・・本当によく食べさせて頂きます・・・
 おやつの時間を済ませると「サンセットダイビング」「ナイトダイビング」と。私達、真面目なダイバーは潜り続けました。着いてすぐに4ダイビング。
 食べて・潜って・食べて・潜って・食べて・潜って・食べて・・・

gin.jpg gin2.jpg

 さぁ?て、贅沢な話しですが、またまた恐怖のご飯・・・そう。「夜ご飯」の時間がやってまいりました。
 レストランに少し早く着いた為、どこまで食べるねん!って感じですが、ご飯までの時間、マフィンなどを食べているとバーベキューをしている良い香りが・・・見に行くと豪快に鳥・シーフード・肉などを焼いております。団体のツアーで来られている方もおられたので準備かなと思っていると、なんと、夕飯に出てきました。ここでまたまた、骨付き肉を手に持ってかぶりつく野獣が出現!お腹はいっぱいなハズなのに、全員、おかわりをして、またまたお腹いっぱい食べてしまいました。
 いつものパターンだとこのままビールをたらふく頂き!となるのですが、お腹はいっぱいだし、早朝ダイビングもあるし、控えめにして、ダイビング一日目終了となりました。
 レストランやテラスから電灯で海を照らしており、たくさんの魚達が集まってきております。ボ?っと眺め、気持ちよい海風にあたっていると気を失ってしまいました・・・おやすみなさい。

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年2月28日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第4弾、いよいよダイビング!」をUPしました。是非ご覧下さい。
 いよいよ「水中時間」を楽しむ時がやってきました。あと、1時間遅ければ、食べて・飲んで・寝て、本来の目的を果たせず帰ってしまうところでした。

沖縄 ダイビング gin1.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg

 何度目かの朝食を済まして、海を眺めていると時間がやってきました!「チェックダイビング」の時間が。
 チェックダイビング・・・何をするのか・・・ブリーフィングを聞いているとポイント説明やこんなポイントがありますよ?だとか・・・スキルの件は何もありません。ひょっとして、急にマスクを剥ぎ取ったり!?ってそんな事するはずないですよね?
 セッティングしてくれている器材を背負い海に飛び込むと、そこは、一面「グランブルー」の世界なんてものはなく、透明度は15M位・・・少し、がっかりしていましたが、そんな事は数分後にはどうでも良くなってきました。
 何に関しても、綺麗なもの好きな私達がなぜ、そんな風に思ったかというと、生物が、でかい・巨大・デカイんです。クマノミなんて1M位あるし!ってのはウソですが、ジャイアントシウバ位あろうかと言うくらい巨体のクエやロウニンアジがゴロゴロといます。周りをカスミアジがグルグル回遊していたり、と、あっと言う間にチェックダイビングは終了。というか、何をチェックしたのだろう。泳いで行ってしまったし。まぁ、マスク取られなくて良かった。
 全部ではないですが、チェックダイビングでの水中景観や生物をUPさせて頂きますね。ご覧下さい。

沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg
沖縄 ダイビング gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年2月28日 天気:晴れ時々曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 朝5時30分、お迎えに来てくれる約束になっているので、早い朝食を済ませ、いよいよ水上コテージを目指して、いや、違った・・・「カパライ・シパダン」の海を目指して出発となりました。そう!私達は食べて飲む為にマレーシアに来たのではありません。忘れる所でした・・・。
 1時間弱、飛行機に乗り、次の中継地点、「タワウ」へと。飛行機の中ではこの、仲村の歩いている顔を見て頂ければわかるように、爆睡。カパライへ到着すると「チェックダイブ」が待っていますからね?飲めませんよ?だ。
 飛んだ!と思えば到着した「タワウ」から船着場を目指し車に乗り込みました。見慣れない風景や町並みを楽しむ事もせずやはり・・・爆睡・・・

gin.jpg gin2.jpg

  遂に船着場に到着!ようやく、水上コテージ「カパライアイランドリゾート」が目前まで迫ってきております。ん?楽しみ!M.Sさんなんて興奮しすぎてギラギラ太陽の下、フリースのジャケットを着たままです・・・大丈夫でしょうか・・・

gin.jpg gin2.jpg

 少しすると桟橋を渡り、ライフジャケットを受取り乗船。今度は30分位の船旅!遠くに雨雲も見えていた為、心配しておりましたが、雨に降られる事もなく、行き交う船を眺めながらの快適なプチクルーズとなりました。

gin.jpg gin2.jpg

 遂に、見えてきました。水上コテージ!よ?し!いよいよダイビングもスタートだ!張り切って水上コテージに降り立つと案内されたのはなんと!レストラン!「朝ご飯を食べなさい!」との事。しかし、ここで、恐ろしいのがまた、食べてしまう事。早朝に食べて、寝てばかりなのに、何故、食べれるのでしょうか・・・仲村なんて大きいワッフルに戦いを挑んでおります。
 ここで、本日、チェックダイビングを担当してくれるガイドさんが現れ、書類記入。チェックダイブ・・・どうしよう・・・マスククリア怖いな・・・エアーが早い事が、ばれたらどうしよう・・・等々考えると、食事なんてしてられません。ん?不安・・・
 次はやっとダイビング編だ・・・

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年2月27日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「第2弾、コタキナバルでも!」をUPしました。是非ご覧下さい。
 いよいよマレーシアに到着。まず、踏み入れた一歩は「コタキナバル!」飛行機を降りた瞬間に熱気がム?ンと。これです!これ!

Date: 2009年2月27日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 コタキナバルの税関を抜け、両替を済ますとすぐに、仲村隊長の一言「暑い!ご当地ビールを頂かなければ」と・・・ほんの数分前まで飲んでいたのに・・・
 お迎えに来て頂いた車に乗り込み、ホテルへと向かう途中にドライバーさんがとても親切な方で「モスク」「ミュージアム」、この町の中心地はここで、ここを拠点に動け等々、アドバイスをくれました。
 ホテルに荷物を置き、すぐさま、コタキナバルを満喫する為、出発!
 仲村隊長はこの街を知り尽くしているように歩いて行きます!すると、港が見え市場が見えてきました。「あ?この異国情緒を楽しませたいのだな!さすが、仲村!」と思っていたら、全く違いました。
 私達が見ていた市場は右手に広がっており、左手方面には一面、カフェが・・・そこには、カップル・ご家族連れの方が。そう、皆さんの手にはビールが・・・そうか・そうだったのか・・・ただ単に、ビールの匂いを嗅いでここまで辿りついたのか・・・旅には臭覚も大切なので良しとするか・・・
 海に浮かぶ木造船に目をやり、景色を堪能し、ドブ臭い匂いに鼻を曲げながら「カールズバーグビール」を頂いておりました。
 すると、事件発生!背後の海に浮かぶ物体が私達の方へと、もの凄い勢いで迫ってまいります。僕は大興奮して何枚もシャッターをきり、物体を目で追っていました。
 その物体はなんと!段ボール箱。しかし、段ボール箱がこんなに早く、しかも、一直線に泳ぐなんてありえません・・・僕は興奮し皆に熱く語ると、「ハイ・ハイ」と・・・皆さん一斉に軽く無視してくれました・・・優しい皆さん「有難う」僕は、ビールを飲んで、少し目のすわった顔で冷たくあしなってくれる皆さんが大好きです。
 ビールを飲み干し、陽も暮れてきたので、市場をふらつきに。

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg

 見て頂きました!?上の写真!この市場、何でもありなんです。フルーツに野菜、魚に鶏肉、卵に貝殻、おまけに真珠まで・・・しかも、屋台にて調理し、すぐに食べれるようになっている為、食欲をそそるもの凄く良い香りが市場に充満しております。
 ここでまたまた、一大事が・・・皆さんに、なんと!「林家ペー・パー」が乗り移ってしまい、カメラ片手にバラバラに消えてしまいました。しかし、このメンバーの良い所はお腹が空いたら集合する事。自然に、美味しい匂いがする「焼き鳥」の屋台の前に集まっておりました。集合した所で、もちろん、「焼き鳥争奪戦」を開催し、マレーシアの人達に餓えている日本人をしっかりと見て頂きました。

gin.jpg gin2.jpg

 お腹が満たされると今度は地元でショッピン・goo?と言う事で、市場の中にある土産物屋さん、ショッピングセンターなどを歩き、またまた、つまみ食いをし、食料品売り場へと。
 ここでの隊長の目的は皆さんがお腹が空いたらいけない為、非常食の買出しなんかではもちろんなく、ビールの仕入れです・・・
 フラフラと歩いていると、お腹も空き始め夕食へと。シーフード市場などを散策し、何を食べるか投票を行った所、満場一致で現地の料理にしよう!と言う事になり、「マレーシア」料理のお店へと足を運びました。メニューをみても普段、食べているフォアグラやキャビアはもちろんなく、わからないので適当にオーダーして頂きました。もちろん、またまた、ビール付きで。でて来た料理はどれも、これも美味しく、一瞬でなくなり、コンビニにてお酒のあてを仕入れ、ホテルへと向かいました。「明日、早いから寝ないとね?」と言っていたのはウソ?
 ホテルへ到着すると、こんな早い動きは見た事がないという位の速さで宴会場作りを。こうして、マレーシア初日の夜は更けていきました・・・「明日、早いから早く寝てね?」「おやすみなさい・・・」

gin.jpg gin2.jpg
gin.jpg gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了

Date: 2009年2月27日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 「カパライ・シパダンツアー」のご報告のはじまり・始まり?!!
 遂にやってきました。この日が。仲村隊長率いるツアー集団は、関西空港に9時に大集合!画像も豊富に、ツアー日記をお伝えしていきたいと思いますので、楽しんで下さいね!

Date: 2009年2月27日 天気:曇り

沖縄 ダイビング gin2.jpg

 すぐにチェックインを済まし、荷物も預け一行が向かった先は「戦の前の腹ごしらえ」。お腹が空いていては楽しませんからね?。
 関西空港内でモーニングセット注文。「お飲み物は?」と店員さんに尋ねられ、皆、「ビール!」と言いたい気持ちをこらえ「アイスコーヒー」を・・・運ばれてきたものを一気に食し、今度はトイレ!旅の始まりにお漏らししてしまうと大変ですからね。
 誰一人お漏らしする事無く、優等生な一行は急いで、税関を抜けて行くので、やっぱり、「免税店」が楽しみなんだなぁ?と見送ると、な・なんと?違います。なんて事でしょう・・・モーニングセットを食べてから30分・・・手に持っているのは「ビール」ではありませんか!「そうか・・・我慢できなかったのね・・・思う存分飲んで下さい!」と思うわけがありません。ここに来るまでも、隊長が率先してバラバラに行動し大変なのですから・・・。
 ほっておくと飛行機が飛んでも気付かない位まで飲むでしょうから、首根っこを掴み無理やり搭乗ゲートへと連れて行き、機内に放り込み、ひとまず安心。
 搭乗して間もなく、食事の時間!遠くから聞こえてきます。「チキン?ビーフ?フィッシュ?」心の中で、ここはもちろん、「ビーフ」か「チキン」でしょ。水中生物を愛して止まない私達が「フィッシュ」なんて頼めるわけがありません・・・
 いよいよ、私達の座席まできましたよ?聞かれる前にお腹に力を込め、大声で「ビーフ!」と叫びました!が・・・なんと、返ってきた答えは・・・「ソーリー・オンリー・フィッシュ」・・・日本語・フランス語しか出来ない私は聞き間違いかと思い、前シートに何度も頭を叩きつけ再確認・・・が、やはり、「フィッシュ」・・・これは、食べれない・・・食べてはいけない・・・と思いつつ、蓋を開けると、クリームソースの下に隠れている野菜を発見。野菜だけを頂こうとフォークで野菜一直線に突き刺しましたが、私達、ジャパニーズはお箸文化・・・上手くいかなくてお魚まで突き刺してしまい渋々お口へ運び完食!「あ?美味しかった」
 食事が終わり、ビールを飲みながら映画をみているとなんと、隊長が涙しております・・・そんなに、食事が美味しく感動しているのかと思い訊ねると「えいが・・・映画・・・」そう・・・映画に感動して泣いておりました。ビール・ワインを飲み、ご機嫌に笑っていたかと思うとこれです・・・この先がもの凄く心配に・・・


gin.jpg gin2.jpg
ダイビングツアー報告終了


沖縄ジンベイザメダイビング


ページTOP